ベガシステム社員 ことChanのブログ

たまに会社の日々のこと、たまに自分の日々のこと

恐怖の人間ドック

みなさん、こんにちは。ことChanです。

先週の金曜日、溜池山王に人間ドックを
受けに行ってきました。

一通りの検査を終え、ついに胃の検査です。

そして、事件は起きました。。

検査の方から炭酸の粉と水を渡され、「一気に飲んでください」と言われて、
飲み込んでみると、

「あれ?息がうまく吸えない。。」

「苦しい。。」

「でもゲップしないでって言われたし、
また炭酸飲みたくないし、どうしよう。。」
と、一瞬パニックになる私。。

検査の方からは「どうしました?大丈夫ですか?」と心配され、

やっとのことで「息がうまく吸えないんです」と搾り出すように答えると、
「深呼吸して~。吸って~はいて~。吸って~はいて~。」と言われ、
深呼吸。

どうなることかと思いましたが、無事呼吸ができるようになり、一安心です。


続いて、バリウムという名の白いどろっとした液体が出てきて、
検査の方から「全部、飲んでください」と言われ、
必死の思いで一口目をごくり。

涙目になりながら、二口目、ごくり。

三口目になると、バリウムを見たくないのか、
目をつぶってゴクリ。

飲むたびに検査の方から「ゆっくりでいいですから、
もう一口行きましょう。」と声援が。

そして、目をつぶったのが良かったのか、
四口目からはなぜか、飲み込めるペースが速くなり、
何とか全部飲み込めました。

もうクタクタに疲れてしまい、
その後の胃の検査では、なすがままに検査してもらいました。

検査が終わると、ランチチケットがもらえました。

ランチは、胃に優しく、美味しい味。

ごちそうさまでした~。